カテゴリー別アーカイブ: 連載・コラム

kazenoeki
連載・コラム

【野生のソーシャル&ビジネス 第6回】伝えるひとびと・地域発「リトルプレス」の世界〜点と点がつながり星座となって

「野生のソーシャル&ビジネス 第6回」 伝えるひとびと・地域発「リトルプレス」の世界点と点がつながり星座となって   1.頼れるフリーペーパー、タウン誌  毎号楽…【続きを読む】

紫外線_ (1)
連載・コラム

「サイエンス・カフェ」への思い

 私たちを取り巻く環境には、真偽のはっきりしない「グレーゾーン」の事柄が多く存在する。たとえば、日常的に口に入れる食品添加物の安全性や、TPPに日本が参加することで、今後私たちの周…【続きを読む】

syuugakutokubetu450
連載・コラム

【野生のソーシャル&ビジネス】第5回 修学旅行生だけが食べている京料理とは・ 京都のまちと、未来のお客さまへ

【野生のソーシャル&ビジネス】第5回 修学旅行生だけが食べている京料理とは・京都のまちと、未来のお客さまへ京料理「堺萬」/澤野高明さん   1.「仕出し料理」とい…【続きを読む】

4
連載・コラム

第18回 国連気候変動枠組条約締約国会議(COP18)参加レポート

 第18回国連気候変動枠組条約締約国会議(通称COP18)が、昨年11月26日から12月8日にカタール・ドーハにて開催されました。近年、環境問題とりわけ気候変動問題には多くの若者が…【続きを読む】

IMG_1838-2
連載・コラム

福島プロジェクトを企画して

 東日本大震災や福島での原発事故の直後、京都にいる私には何が出来るのか考えていました。福島にいて外では遊べない子どもたちのために、そしてそこに寄り添っているお母さんたちのために何か…【続きを読む】

hasami
連載・コラム

【野生のソーシャル&ビジネス】第4回「程よく賑わう通り」の条件とは ・1本のぶどうの木から

野生のソーシャル&ビジネス第4回 「程よく賑わう通り」の条件とは・1本のぶどうの木から  「程よく賑わう通り」を考える 〜 今回はその導入編です。   1.独立して気づい…【続きを読む】

10109_400217776743524_910671879_n
連載・コラム

空地が交流の場に?  失われた地域交流復活への挑戦

東日本大震災以降、「人とのつながり」や「絆」が叫ばれるようになりましたが、実際は少子高齢化と核家族化が進み、一人暮らしのお年寄りや高齢者夫婦世帯は増加し、地域での交流は希薄になって…【続きを読む】

teisyoku
連載・コラム

【野生のソーシャル&ビジネス】第3回「まちの食堂」という存在 〜そのまちに、ちょうどいい。飽きない「商い」こそソーシャル!

ケース2:「まちの食堂」という存在そのまちに、ちょうどいい。飽きない「商い」こそソーシャル!   1.「よい店」とは    2013年1月、京都の東山区へ出かけ…【続きを読む】

KIMG0744
連載・コラム

アベノミクスと再生可能エネルギー

何かと話題のアベノミクス。株価上昇に円高の歯止めと出だしは良くみえるが、実際に一般庶民の懐ろが暖かくなるにはさらに条件が要る。いわゆる「三本の矢」ごとにまとめると、以下のようになる…【続きを読む】

村田さん
連載・コラム

【野生のソーシャル&ビジネス】第2回 町工場2.0 ガラス越しのジョバンニ グラフィックデザイン+活版印刷「りてん堂」 の挑戦

  ケース1:町工場2.0 ガラス越しのジョバンニグラフィックデザイン+活版印刷「りてん堂」 の挑戦  1.通りから印刷機が見える    京都市左京区、叡電一乗…【続きを読む】